ミートテック成長中

まんじゅうこわい

40代オヤジがメタボ対策で始めたロードバイクに乗ったり乗らなかったりする備忘録的云々諸々

 モーレツしごき教室 参戦記

いやぁ、
しごかれちゃったよ(´・(ェ)・`)


猛烈に(´・(ェ)・`)





ことの始まりは、YAMADAさん。


そのYAMADAさんが私たち貧脚同盟に
「その弛みきった脚と腐りきった根性を叩き直してやる!」
と、
「モーレツしごき教室」の開催を宣言(´・(ェ)・`)



必死の雨乞いも虚しく天気予報は好転\(^o^)/

って事で、


10/23(日)
玉砕覚悟で参加して来たよ(´・(ェ)・`)


今回のしごかれ隊員はこちら。



■予め絶対参加の厳命を受ける
 貧脚同盟の中から強化指定対象に選ばれた3人

おいちゃんさん



BENさん










■強化指定されてないにも関わらず
三度の飯より坂が好きって事で自ら志願した剛のモノ2名

けんさん



かいちょうさん






■「しごき」と聞いちゃ放っては置けぬ
とばかりに志願されてのご参加。
琵琶湖でもご一緒させて頂いた剛脚コグメン
(まぁ、このお二人にとってはしごきでも無く、ひょっとしたら物足りないくらいと言う噂ですが)(´▽`)

おおきさん



おぐらさん



以上、生徒7名



で、YAMADAさん




さてさて、
この「しごき教室」、私自身は今回で二回目の出席となる訳ですが、予めルートは明言されません。
ざっくりと通過するであろう「峠」と「山」のみが明かされます。
もし予めルートラボで線でも引こうものなら、仮病使ってズル休みもやりかねん!!
ってな感じのYAMADAさんの優しさですね。
知らんけど(´・(ェ)・`)


で、今回はこんな感じになりました(´・(ェ)・`)

鍋谷越えて高野山。帰りは紀見峠。


当初、YAMADAさんは裏金剛からの帰阪をお考えでした。
しかし志願兵以外の生徒があまりにもなボロ雑巾っぷりを醸し出している事に気がつかれ、、、、


お慈悲をくださり、紀見峠とあいなりました(´・(ェ)・`)


紀見峠を越えた後も何故か迂回して丘を越えた様な気がしますが!?

そこはほら、
オマケってヤツなのかな?
サービスってヤツなのかな(´・(ェ)・`)


知らんけどぉぉぉ(T_T)






で、話は朝に戻る。


サクッと朝礼を済ませて出発!


平坦も終始YAMADAさんに引っ張ってもらいます。
こんな感じで。




たぶん周りの自転車乗りからしたら衝撃的な光景だと思うよ。
MTBが7台のロードを引いてんだもの。
しかも、
それが結構なハイペースって言うね(´・(ェ)・`)




そんなこんなで鍋谷峠です。
標高差430mを5.9kmかけて上ります。
平均斜度7.3%、最大でも10%らしいので、悶絶するような激坂はありません。

が、
同じ様な景色のコーナーばかりクネクネするもんで、
予習無しで挑むと。。。
 ↓
同じ道をグルグル回ってんじゃねぇのかい!?
 ↓
狐に化かされてんじゃねぇのか!?
 ↓
いつまでもゴールにつかねぇぇぇ!!


って心乱され脚がもげるパターンのヒルクラ処。




案の定、心乱されまくりで
早々に脚がもげて
YAMADAさん、けんさん、おおきさん、おぐらさん
剛の者4人に置いてけぼりを食らう(´・(ェ)・`)

で、そんなシーンをけんさんが写真を撮ってくれてました。
有り難く拝借ってな事で写真を選んでおりますと、、、、


(・(ェ)・;)ゴクリ


ヒルクラゴール目前と言えば、
通常はこんな感じで出し切る男の格好良き姿がセオリー


憧れる(´・(ェ)・`)




それに対して、

キタ(´▽`)




Σ(・(ェ)・;|||
ナニカガチガウ









(´・(ェ)・`)


って何ニヤついてんの!
もっと出し切らんかい!!
このドン亀野郎め!!

てなもんです(´・(ェ)・`)




一応マーキングとばかりに写真を撮る



寒い









まぁ、そんな事はさて置き
この「しごき教室」についてもう少し説明を。

実は、ただただYAMADAさんの描いたルートを走るだけではありません。
峠でYAMADAさんがピークに到着すると、すぐさま生徒のもとへ迎えに行かれます。
まぁ、グループライドで言うところの「おかわり」と言われる例のヤツ(´▽`)


だがしかし!!
その「おかわり」こそが真のしごき教室なのである。
YAMADAさん、おかわりに行くと
鬼軍曹に超絶変化!


ゴォォォってな感じで下って来た鬼軍曹にロックオンされるやいなや、


ツキ位置でもって
松岡修造バリの叱咤激励が飛んでくる/(^o^)\

で、取り付かれた者はピークに到着してもその場での休憩は許されない。

経験者曰わく、「下りで休めるだろ!?」
と囁かれる(T_T)


で、その恐ろしき光景がコチラ


Oh......





こんな恐ろしき目にあいたくないんだぜ(´・(ェ)・`)
って事で、
坂と言う坂、すべて必死こいてYAMADAさんにくらいついていく。

そう、必死で。。。




Σ(・(ェ)・;|||


既にしごかれとるがな(´・(ェ)・`)


٩(๑`ε´๑)۶ムキーッ

そう言う事なのかぁぁぁぁ








バッチリしごかれモードで高野山到着!



いえ~い初大門♪
とはなりませんな(´・(ェ)・`)

既に恒例のボロ雑巾だもの。
当然写真も傾くよ(´・(ェ)・`)
ってなもんです。



しかも、超寒い(´・(ェ)・`)

15℃なのに鍋谷の12℃より体感的に寒い

これが高野山ってヤツなのかい?
霊的な何かってヤツなのかい?
知らんけど(´・(ェ)・`)








しかしまぁ、何ですね。

大門

標識の英語表記が

Daimon Gate


脳内再和訳すると
だいもんもん(´▽`)



























daimonmon.jpg


Σ(・(ェ)・;|||







って、そんなこたぁどうでも良い。
けんさんの公開アルバムを見ているとだ。


意味なくビンディングシューズで大門前をジョグる男。
的な写真が。。。


この馬鹿をさっさとどかしやがれ!!
ってなもんです。
大門の写真を撮ろうとしていた観光客の皆様
ごめんなさい(´・(ェ)・`)





昼飯をサクッと済ませ、



慎重に高野山を下り、



何だか知らないけれど、ひとやま越えたり



コンビニで休憩したり



最後はYAMADAさんのお慈悲で紀見峠をやっつけて





無事終了!



って端折り過ぎ!?
(´・(ェ)・`)






端折る理由はわかりますね。

ヒント:ボロ雑巾




そう言う事(´・(ェ)・`)



ログ
log20161023.jpg







いやぁ、あんだけ辛い道中も
終わってみれば「しごかれ感」たっぷりの良いライドでした。

YAMADAさん、おぐらさん、おおきさん。
そして貧脚同盟メンバー

ありがとうございました\(^o^)/





では











関連記事

4 Comments

BEN  

人がコメンサルオヤジにしばかれてる
すきに大門観光してたとは(´д`|||)
次回は貧脚で楽しく登りましょう

しかしだいもんもんはわろた(笑)

2016/10/26 (Wed) 00:49 | EDIT | REPLY |   

tamiku  

To BENさん

BENさん、お疲れ様でした。
鬼軍曹をお一人で引きつけて頂いたおかげで、真のしごきを受けずにすみました。

次はユルユルと九度山からですね。
で、やき餅を箱買いだ\(^o^)/

2016/10/26 (Wed) 01:10 | EDIT | REPLY |   

つるみん  

おはようございます!

九度山から大門もTTすれば、ええ感じに練習できますよ!
激坂もないのでおススメです(^o^)

2016/10/27 (Thu) 08:38 | EDIT | REPLY |   

tamiku  

To つるみんさん

つるみんさん、ありがとうございます。
九度山からのTT。。。
とは考えないで、高野山には九度山から行けば楽じゃないの?
って考えてました。
その時点で貧脚根性がぬけ切れていませんわ(´・(ェ)・`)
また、つるみんさんに叩き直して貰わないとあきませんね。

2016/10/27 (Thu) 14:44 | EDIT | REPLY |   

Add your comment