BRM1015和歌山200でボロ雑巾

6 -
10/15(土)
かねてより楽しみにしていた

BRM1015和歌山200km
~Twilight Wind Farm~


参加してきましたよ(´▽`)


自分的行きたいところリストに載る
・ごまさんスカイタワー
・千葉山
この二カ所を通るなんて、
一石二鳥じゃないか!
お得じゃないか!!

などと安易に考えていた自分を
説教だ!
倍返しだ!


てな感じの大変厳しいコースでした(´・(ェ)・`)




冷静に考えると猿でもわかるっての。
行きたいところの両方とも絶景が拝める山じゃない!!

その山を通りもって200km走るんだから。
そらシンドイって(´・(ェ)・`)

ハードだっての!!




Σ(・(ェ)・;|||



で、
なんとなく目標時間を設定します(´▽`)

常人であればルートラボやらSTRAVAのセグメントなんかと睨めっこして、
入念に対策と目標を設定するんだろうけど、
こちとら真性面倒くさがり屋だ。

去年同じコースを走った知り合いのblogを読みかえして
相対的に決めますよ(´・(ェ)・`)


先ずは
ローディにジョブチェンジ
の中の人、コンソメさん
8時間55分!!

何それ怖い

次元が違いすぎて
参考になりません₍₍ (ง ˘ω˘ )ว ⁾⁾



次が
アウタートップにあこがれて
の中の人、黒はやしさん
9時間26分!!

何それ怖い

またもや次元が違いすぎて
参考になりません₍₍ (ง ˘ω˘ )ว ⁾⁾



最後に貧脚同盟から
風と自転車と私
の中の人、かいちょうさん
11時間45分

そして、SRなブルベ魔神ペア
SORAさん、原本さんが
12時間52分

やっと怖くない一般的な人たちが
現れてくれました(´▽`)



と、言う事で
黒はやしさんとかいちょうさんの間をとって
10時間30分を目標にする(`・(ェ)・´)


超テキトー\(^o^)/



2:30起床
4:30スタート地点近くの駐車場に到着

12度。。。
いそいそと準備をするも
寒い\(^o^)/

おnewな貧脚ジャージに脚腕ウォーマーとジレをまとってスタート地点へ移動。




まだ夜明け前だってのに

これからハードなコースに挑む
ハードゲイ ブルベ猛者が
ワラワラ居てはります(´・(ェ)・`)
そんな中にポツンと貧脚一名。
場違い感が半端無い(´・(ェ)・`)

だがしかし!
来てしまった以上は
この荒波に飛び込むしか無いよ(`・(ェ)・´)



明るくなって

朝礼と装備チェックを受ける


それが終われば6:00スタート!




のっけから周りのペース速ぇぇぇ


あっ!
と言う間に生石高原への登りに突入(´・(ェ)・`)


周りの会話を聞くに
この調子で一時間近く続くとか言ってますよ?
マジで?
パイコンの斜度表示が常に10%超えてますけど??
これで一時間とな?


ちきしょぉぉぉ



何とかかんとか通過チェックの駐車場に到着。
たぶん7:35くらい

既にblogの事など頭にありません(´・(ェ)・`)
写真も超テキトー。
ダメだ!

ススキがええ感じやったのにね(´・(ェ)・`)



それにしても
いきなりの超ハードプレイ

やはりこのブルベ
貧脚が参加しちゃアカン奴やった(´・(ェ)・`)

とか今更後悔しても、どないもこないもなりません。


通過チェックを受けたらば、
折角登ったお山をすぐさま下ります(´・(ェ)・`)




第二チェックポイントのあらぎ島
おそらく8:10らしい


証拠写真を撮ったら再起動。



またもやえっちらおっちら坂道登って第三チェックポイントの花園中南の公衆トイレ到着。
ここは有人チェックだったので写真を取り忘れる。
何となく9:19くらい(´・(ェ)・`)


此処でBHのultralightに乗る剛脚さんと知り合う。
で、
次のごまさんまでの登りで
豪快にぶっちぎられる(´・(ェ)・`)




ちきしょぉぉぉ
ここの登りもシンドイじゃねぇか!!



冷静に考えると標高1200超えてんだもの。
当たり前っちゃ当たり前₍₍ (ง ˘ω˘ )ว ⁾⁾


全くの予習不足だね(´・(ェ)・`)
貧脚のクセに何余裕ぶっこいてんの!?
ってなモンです(´・(ェ)・`)




第四チェックポイントのごまさんスカイタワーに到着!


既に写真はやっつけ仕事である。


レシートの打刻を見るに10:38

腹減りまくりなので、オニギリとパンを喰らう。
うまし(`・(ェ)・´)


しかしまぁ何だ!
行きたいところリストの一つであった「ごまさん」でしたが、
道中必死過ぎて既にボロ雑巾(´・(ェ)・`)
やっと来れた喜びとか、な~んも起きねぇでやんの。
兎にも角にも無言でオニギリを喰らうのみ
(´・(ェ)・`)

ダメだ!

さてさて
折角登ったのにまたまた下りますね(´・(ェ)・`)

もうね、
この頃からちょっとしたコブですら
超しんどい(´・(ェ)・`)


( ゚∀゚) アハハハハノヽノヽノ \ / \ / \
完璧なる脚終わりってヤツですな。



と言うことで
下り基調なハズなのに、ボロボロになりながら第五チェックポイントの道の駅龍游に到着。

既に何を訴えたいのか意味不明な写真(´・(ェ)・`)

レシートの打刻を見るに12:38

何か喰うもん無いか探すも見つけられず、
水のみを調達(´・(ェ)・`)
サドルバッグに忍ばせておいたオニギリで命をつなぐ。


此処でもultralight さん発見。
地球ロックしているところを見ると、食堂でお食事中な様子。

クソぉぉぉぉ
羨ましいんだぜ(´・(ェ)・`)

余裕が有ると色々楽しめるのね。
こちとらギリギリチョップな限界ラバーズなので
そんな余裕ナッシング(´・(ェ)・`)



ピザ屋さんのエンドレスで流れる音楽に後ろ髪を引かれつつ出発!


既にライフはゼロなので
脚を上げ下げするだけの機械になりつつ、
写真を撮るフリをして椿山レイクブリッジでも休憩。





写真のタイムスタンプを見るに13:35前後

有名な「やっほーポイント」に行って、
不平不満を大声で叫びたいところですが、
どうにもこうにも橋を渡ってさらに歩くっぽいので諦める。

そんなことをしてるもんだから、
たぶん後発組と思われる高速軍団に
バンバン抜かれる始末(´・(ェ)・`)


このままではヤバい!
と根拠も何も無い野生の感による焦りから
リスタート(`・(ェ)・´)

と言っても脚が回復した訳では無いので、
引き続き「全自動脚上げ下げ機」な状態で、
今回唯一のPC「辨天堂」に到着!!
14:48


当然餅を食べる(´・(ェ)・`)
和菓子全般怖いので
二個食べてやっつける(´・(ェ)・`)(´・(ェ)・`)

美味し! 美味し!!


しかしまぁ何ですね。
やっぱり
和菓子屋には「おばあちゃん」だね。
駄菓子屋もそう。
ママチャリ屋は頑固そうなオヤジだね。
そして必ず咥えタバコで
パンク修理してんの(´▽`)

などと感慨にふけっているとultralight さんも到着。
マジで!?
あなた「龍游」でメシ食ってたのに!?
もう追いつくの?
びっくりだ(´・(ェ)・`)

と言うことで、
千葉山のふもとまでご一緒させてもらう。

夢にまで見た千葉山ですよ。
しかも願いかなって、
明るいうちに絶景を楽しみながら登れますよ。
わくわくですよ♪


ってな事にはなりませんな(´・(ェ)・`)


完璧に脚が終了してんだもの。
景色を楽しむどころの話じゃねぇや。
それでも何とかして写真を撮りたいねって事で、
へこへこ登りながら撮った写真がこれ




だめだ
全くもって絶景が伝わらない(´・(ェ)・`)

そんな無駄な事をしてるもんだから、
またしてもultra lightさんには豪快に置いてけぼりをくらいます(´・(ェ)・`)


最終通過チェックポイント
千葉山着!
15:41


ゴールまではのこり25kmほど。
目標達成にはあと50分くらい?

無理\(^o^)/

と言うことで、
お得意の写真を撮るフリをして休憩だね。

もうね、
脚の前後左右いたるところがピクピクしてます。
一瞬でも変な動きをしようものなら
一発で脚ツリをやらかす自信満々な状況。


その間、続々と登ってくるハードゲイ達。
口々に
「キツイ~」
「何これ~」
「鬼畜~」
と叫んでおりますが、
それを聞く度にSTAFFさんがニヤリとしているのが印象的。



さぁ、何とか脚も回復した様な気もするって事で、
ゴールに向けて動き出しましょうかね。

しかしまぁ何だ。
千葉山からゴールまでの道のり。
etrexが無ければ確実に迷子だね。

上級ブルベライダーさん達って
あの道のりをキューシートとかコマ図だけで行くんでしょ?
凄ぇな。

マジであこがれる(´・(ェ)・`)



こちとら下級にわかブルベ野郎なので、
バッチリetrex頼りでゴール!!

きっと16:55くらい



都合10時間55分
目標未達(´・(ェ)・`)

まぁ仕方が無い。
これが今の実力ってヤツでしょう。



来年もリベンジ参戦確定だね
しらんけど



最後は五臓六腑にしみわたると言う
伝説のソバとオニギリを頂戴して
終~了~






最後に恒例の貧脚ログ






では。



関連記事
ページトップ